Bettilt

3分でできるBettiltの登録方法!はじめるのに必要なものは?

ベットティルトをやる際に準備するもの

☆入出金手段

クレジットカードやビットコインウォレット、電子ウォレット等です。
クレジットカードで入金した場合は、電子ウォレット等に出金になると思われます。
出金項目にクレジットカードの表記がありますが、日本発行のカードでは対応していない場合もありますし、対応していたとしても電子ウォレット出金より着金に時間がかかるのであまりオススメしません。
出金に対応出来るウォレットを持っていない場合は、予めウォレットアカウントを作成しておきましょう。

☆本人確認書類一式

初回出金申請時に必要になります。

[本人確認書類]いずれか1点

  • マイナンバーカード/運転免許証/パスポート
    顔写真付きの物、表裏がある物は両面を提出。
    [住所確認書類]いずれか1点
  • 公共料金の請求書(発行から3ヶ月以内)/住民票/公共料金利用明細書等の住所が確認出来る物
    [決済手段確認書類]利用した手段のみ
  • クレジットカード(両面画像)
  • 電子ウォレットのアカウント

初回の出金申請をすると、登録したメールアドレスに必要な書類の詳細が記載されているメールがベットティルトから届くので、指示に従いましょう。

ベットティルトに登録しよう!

まずはベットティルトの公式サイトにアクセスします。

Bettiltベットティルト公式サイト

登録ボタンを押すと、次のような画面になります。

ここで項目に沿って

  • ユーザー名
  • 電子メール
  • 電話番号(最初の0は+81に変換されているため省く)
  • パスワード
  • 通貨の種類

を入力し、アカウントを作成を選択します。

作成が完了すると、すぐさまログイン可能となります。

この時点で、入金して遊ぶこともできます。

ですが、個人情報の入力をしておかないと出金ができない為、あとあとやるのは面倒だという方はそちらを入力しておきます。

残高の右側にある^マークを押すとメニューが開きます。

プロフィールを選択すると次のような画面になり、最初に入力したユーザー名なども表示されます。

ここで入力するのは、

  • 名前(ローマ字で)
  • 名字(ローマ字で)
  • 生年月日
  • 住所(ローマ字で)
  • 郵便番号
  • 市町村
  • 国籍

となっています。

住所に関しては英語方式での入力が必要なので、住所の英語変換を利用します。

住所を英語に変換するサイトJuDress

ひとまずここまでで個人情報の入力は完了です。さらに出金をスムーズにするためには次の認証を完了させておかないといけません。

証明書で個人認証を終わらせよう!

プロフィールから認証を選択すると、各種証明書の送付画面に移動します。

必要なのは

身分証明

  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 運転免許証

住所

  • 公共料金証明書(電気、ガス、水道料金の領収書)
  • 銀行残高証明書
  • 住民票

クレジットカード

  • クレジットカードの両面
  • 各種支払いの画面

それぞれいずれかの書類を提出したら大丈夫です。ファイルをアップロードすると翌日か2日後程度にチェックが完了します。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?Bettiltの最初の登録自体はオンラインカジノの中ではかなり簡易的です。そのあとの個人情報入力などは一緒ですがね・・・。

参考になれば幸いです。