icon-ranking3-1NEW!! 赤ら顔解消化粧水 白漢 しろ彩

me002icon-point-b-r白漢しろ彩は赤ら顔改善のスキンケアアイテム


「白漢 しろ彩」は毛細血管の拡張の関係で顔が常に赤くなってしまっている、通称赤ら顔と呼ばれる状態を改善できる化粧水です。
毛細血管の広がり自体に効果があり、常に肌に赤みを帯びている方でも、徐々に元々の白い肌に戻していく事も可能なようです。(効果には個人差がありますが)
メイクに困る赤ら顔を、欠陥に働きかけるスキンケアクリーム白漢しろ彩ですが、果たして本当にその効果はあるのでしょうか?
今回は株式会社エクラが販売し、@cosmeでも話題になっているスキンケアクリーム、「白漢 しろ彩」について調べてみました。

商品名 白漢しろ彩
メーカー 株式会社エクラ
特徴 敏感肌の方でも低刺激なので安心して使える、赤ら顔専用化粧水
日本語サポート 赤ら顔専用化粧水
サポート対応時間 24時間フルサポート(日本語担当不在時以外)
価格 定期購入:4480円(税抜)

b002-300x30

b001-300x30

ニキビ・吹き出物の原因とは?

nikibi001
そもそもニキビ・吹き出物の原因になるのは、以下の3点です。

  • 角質
  • 皮脂
  • ニキビ菌

ニキビは思春期などの若い年代に多いように思われていますが、大人になっても起こるものです。
ご存知の通り、ニキビは皮膚の表面にある毛穴をふさいでしまう様に、角質が溜まる事が大きな原因となります。
正常の場合だと、毛穴には皮脂の通り道が存在しており、角質は一定期間ごとに肌の表面に排出され、皮脂膜と呼ばれる皮膚を守るためのものとなります。
この通り穴がふさがってしまう事で、皮膚が炎症を起こしてしまい、ニキビが出来てしまうわけです。

ニキビ対策の為にはまずは食生活改善

私が普段ニキビが出来ないように気をつけていることは、一番はやはり「食生活」です。
食事ってほんとに重要なもので自分の身体は食べたものでできていますからね。

肌も一緒。

食べるもので肌の状態は変わってきます。
基本は、野菜、果物、お魚を中心に摂るようにしています。お肉に関しては脂の少ない鶏肉(ササミ)はよく食べます。炭水化物はお米かそばのみ摂っています。

これを守っていればニキビはほとんどニキビはできませんね。

ただ、疲れてる時なんかにカップラーメンとかスナック菓子とか食べちゃうと今までの綺麗な肌が嘘のようにそこらじゅうにニキビが出来ちゃいます…(´×ω×`)

あとは少し難しいんですけど「ストレスを溜めない」ってことも常に心掛けていますね。
ストレスはニキビの原因にもなりますからね…
私は、「ストレスをストレスと思うからストレスになる」と思うのでなるべくそう思わないようにしています。
それが難しいときは、遊びに行ったり、好きな音楽聴いたり自分の好きなことをしてリフレッシュしています。

その他、化粧水や乳液買う時も気をつけています。
化粧水は大体2種類でさっぱりタイプ、しっとりタイプが
ありますがかならずさっぱりタイプを買います。
なんたってニキビは脂分が多い時にできますから、しっとりタイプなんて買ったらニキビの成長を助長してしまうので(´・・`)

保湿の時もクリームより乳液、乳液を買う時も必ずさっぱりタイプです。

あと、スキンケアの中で1番大切なのはクレンジングってことご存知の方は少ないように思いますがこれは本当なんです。

なのでクレンジングはジェルタイプのものを必ず使っています。

クレンジングにはクリームタイプ、ミルクタイプ、オイルタイプなどたくさんの種類があるのですが、ジェルタイプが肌への負担が1番少なく、汚れや脂分をしっかり落としてくれるので、ニキビに悩んでる方は是非、クレンジングをジェルタイプに変えてみてください

肌が弱い私が選ぶ美容液

子供の頃はアトピー肌。思春期になってからはニキビ。
大人なってからは肌荒れ、吹き出物、毛穴の開きと人生ずっと肌には悩んで生きてきました。

肌が荒れていたり、吹き出物があるとファンデーションがのらず、本当に毎日のメイクは時間がかかります。
隠したいけど隠れない。帽子を被ったり前髪で隠したり…ス キンケアも数え切れない程色々な物を使ってきました。

テレビや雑誌などで聞いた物、皮膚科の先生に聞いた物、友達に勧められた物…使い始めて合わない物はすぐに反応してヒリヒリかぶれたり、痒くなったり、辛かったです。

せっかく高い物を買ってもこの結果か…なんて事はしょっちゅうでした。
高いからって自分 の肌に合うものではない。
20代前半に第一子を出産した時は妊娠中から肌が敏感になり、ボロボロでした。その頃は自分にかける時間も少なく、肌には悩んで吐いたものの、合わないスキンケアをしていました。

第二子をその後出産。その後も少しは、マシにはなったけど肌荒れは治りませんでした。そんな私が出会ったのはオルビスです。

オルビスを使うようになって

有名人のブログを見ていて「これがいい」みたいな感じでお勧めがされていたのでお試しセットを注文しました。

ポーチもオマケで付いてくるからお得だなと思いながら。 今より少しでもマシなればいいと思いながら使っていました。

使い始めは順調で、肌荒れも少しずつ改善しました。
これはいいぞ~と思った私は、お試しセットがなくなったらすぐに注文しました。
私の肌に、オルビスは相性がよかったのか、継続的使うことで肌はどんどん調子が良くなっていきました。
以前のような辛さはなくなり、肌も赤みが強かったのがなくなりました。
こうして、私は肌ストレスがやっと解放されました。

愛用して4年が経った今でもオルビスを使っています。
オルビスを使い続けた結果、以前に比べて断然肌が強くなった気がします。
他のスキンケアを使って、また元に戻るんではないかと心配する事もありましたが、そんな事もありません。一度強くなった肌は、他の美容液でもすんなりと私の肌に馴染むようになっていました。

オードムーゲ

今ではオルビスは勿論使っていますが、肌の調子に合わせて他にも色々な種類を使い分けています。
中学生の頃、顔(特に額と鼻 周り)にニキビが多くできていました。額は、わたしは額が広いことにコンプレックスがあって前髪を常にぱっつんにしていて額が隠れるようにしていたため に、風通しがよくなくてニキビができていたんだと思われます。鼻周りは、元々肌が油脂性の乾燥肌で、顔のテカリなどが気になってあぶらを取ってしまうのだ けれど、それが乾燥を引き起こしていてさらに油分を出していたという状況で、鼻周りは特に油分が出る部分なのでニキビができていたんじゃないかなあと思っ ています。中学生の頃はもちろん思春期ですし、他人からどう見られているか、どう思われているかが非常に気になっていました。学校では校則でお化粧はして はいけなかったけれど、お化粧にも興味が湧いてくる頃。休日は少しだけお化粧して出かけていましたが、化粧品も肌に合っていなかったのかもしれません。 散々いろいろな化粧水・クリームを試してきたけれど、1番よかったのがオードムーゲ。つけ心地さっぱりな化粧水です。朝とお風呂の洗顔のあと、たっぷりつ けました。水分は吸収されていくので、もう出かけないとわかっている夜は、乾いてきたらまたつけて、と言う風にひたすらつけていました。油分も夜は取ら ず、そのまま。朝は、学校に行くのに顔がテカテカしていると当時は恥ずかしかったので、洗顔のあとの1度のみ。それ以外は、たとえば汗をかいたあと。汗 や、顔が火照って額が前髪と顔の体温で蒸れているときなど、汗を拭きとる要領で、化粧水を浸したコットンで顔の汗や油分を拭き取っていました。元々つけた あとはべたつかない化粧水なので、何度もつけない限りは学校にいる間や日中つけても大丈夫。それを中学生の頃からニキビが多くできていた高校生の頃まで使い続け、27歳になったいま、ニキビはゼロです!

LUSH アロマウォーター

霧吹きとして出す容器に入った状態で売られているので、そのまま顔の前でシュッと何度か出し、パッティングで肌になじませて使います。
小さなころから敏感肌で、肌に直接つけるものには結構慎重でした。
年ごろになると、肌が乾燥してしまい、特に鼻や口の周りの皮がむけて白くなるのが恥ずかしく、とても悩んでいました。
しかしテレビCMなどで観る化粧水を試そうにも、なかなか肌に合わず、ピリピリしてしまったり赤くなってしまうことがほとんどでした。
なので、白くなった顔を見られたくなくて、冬に外出するときはずっと下を向いていました。
そんなとき、母がLUSHを教えてくれました。
そのころ頭皮のかゆみで悩んでいた兄が、自宅近くのショッピングモール内にできたLUSHを見つけてきて、母に話したのがきっかけだそうです。
兄がLUSHで買って使っていたシャンプーは独特の香りがして苦手だったので、「乾燥が治るとしても、あんな臭いの顔につけたくないし、余計外に出られなくなる!」と思い、最初は拒否していました。
そんなある日、兄がそのシャンプーがなくなったから買いに行くのについてきてほしいと言われ、渋々ついて行きました。
すると店内はとてもいい香りに包まれていました。
どうやら聞いたところ、兄のシャンプーは商品の中でも珍しく独特のにおいがするもので、基本的に、特にスキンケア商品はどれもとてもいい香りなんだそうです。
さらに食材を使って作っているので、敏感肌の人や小さな子どもでも、安心して使えることを教えていただきました。
そしてどんな肌質なのか? や、どんなトラブルで悩んでいるのかをひとつひとつ聞いてくださり、自分に合ったものを店員さんが選んでくれました。
いざそれを使うと、スッと肌になじみ、乾燥もしなくなりました。
それなのに赤くなったりピリピリしたりもありません。
LUSHの商品を使うようになって、下を向いて出歩くことがなくなりました。

敏感肌用オールインワン美容液ジェル

もともと使っていた美容液が、敏感肌でも使える、食材を使った肌に優しいものでした。
それが肌に合わなくなったというわけではなく、やはりこだわった商品だからこそお値段が高く、子どもが生まれてからスキンケアにかけるお金と時間がないな、と思ったのが美容液を変えたきっかけでした。
以前のものだと、オールインワンではないので、美容液を使ったあとに保湿クリームを使ったりしないとだめで、ズボラな私はちょっとめんどくさいな、と思っていました。
それに子どもがぐずっていたり、出かける準備でバタバタしているときには余計にめんどくさくて、オールインワンだと楽なのに……と悩んでいました。
しかし一般的に売られているオールインワンだと肌に合わず、ピリピリしたり赤くなったり、乾燥だけでない別の肌トラブルまで出てきてしまうので、いろいろと試せませんでした。
また、敏感肌と銘打っているものだと、つけるとベタベタしていて、着け心地があまりよくないのもいやでした。
そんなときに無印良品に、敏感肌用のスキンケア商品が展開されていることを知りました。
口コミを見ても、結構よさそうと思いつつ、なかなか買わずにいたのですが、無印週間というセールが開催されたときにテスターを使ってみると、すごくサラサラしていて気持ちよかったので、買ってみました。
さっそく顔に塗ってみると、裏にある説明文の量よりかなり少なく使う方が私には合っていて、少量なのに長年悩んでいた乾燥もまったくなくなりました。
オールインワンでスッと肌になじむので、時間がなくてバタバタしているときもめんどくさくなく、ササッとなじませられるのもとてもいいです。
お 値段も、以前は100グラム1100円、こちらは100グラム1000円とあまり変わらないように感じますが、以前のものは霧吹きで使うので量の調節が 難しく、必要以上に出してしまうことがありましたが、こちらはジェル状なので、好きな量を使うことができ、コスパも最高にいいです。
前のものを長く使っていたので愛着はありましたが、今後は無印良品のジェルを使います。

ニキビケアは「体内から」

私のニキビ対策のモットーは『体内から治す』。
ニキビが気になり始めた小学校高学年の頃から、ドラッグストアで販売されているニキビ用基礎化粧品を始め、自然派コスメブランドやデパートコスメブランドなど、ありとあらゆる基礎化粧品を試してきました。
しかし私の肌が貧弱すぎるのかそれとも鈍感すぎるのか、時に悪化したり効果が無かったりと、どれもイマイチな結果に終わりました。
現在はニキビ治療に力を入れている皮膚科に通院し、なんとか落ち着かせることに成功しています。
とは言っても、完全にニキビが出来なくなった訳ではありません。
季節の変わり目といった外的要因、ホルモンバランスの関係、ストレスなどにより今でも継続的に現れる憎きニキビ。
そんな時に思い至ったのが、『化粧品であれこれ表面を取り繕っても結局ニキビが出来てしまうのなら、体内からニキビが出来ない体質を目指そう!』という考え方。
もう治っては現れを繰り返すニキビとの追いかけっこはしたくないという方に、私が現在も実践している体内からのニキビ対策を紹介します。
まず1つ目は食生活。甘いもの、脂っこいものは徹底的に遮断します。その上で主食を減らし玄米に変え、胃腸を整えるためのヨーグルトに納豆、豆乳といった大豆製品を沢山摂取するようにしています。1日1杯の青汁も欠かせません。
2つ目はサプリメント。マルチビタミンやマルチミネラルのような基本的なサプリメントをベースに、自分の生活を分析しながら不足している栄養素を足していくといいと思います。
薬との飲み合わせや過剰摂取には十分注意してください。
3つ目が市販の医薬品を使ったニキビ治療。ビオチン+ビタミンC+整腸剤を一緒に飲み続けることで改善を目指す、いわゆる『ビオチン療法』に取り組んでい ます。インターネットで検索して頂くと分かると思いますが、これらは全てネット通販でも入手可能ですし、毎月の費用も安く抑えることが出来て非常にお勧め です。
他にもホルモンバランスの崩れから来るニキビ対策に、生薬を配合した市販の女性薬を服用しています。これを飲み始めてから顎やフェイスラインに出来るニキビが格段に減りました。
ホルモンバランスは気になるけれどピルの服用はちょっと勇気がいる、という方には是非。
以上3点が、現在の私のニキビ治療の主力になっています。
これらを実行する上で大切なことは、とにかく『継続すること』。
最低でも1年、勿論可能ならばそれ以上、根気強く続けて頂きたいと思います。
ニキビが出来やすい体質を改善出来れば、もうニキビとの追いかけっこをする必要はなくなります。毎朝鏡を見てため息をつく必要もなくなります。
1人でも多くの方がニキビの辛さから解放されて、笑顔で楽しい毎日を過ごせることを心から願っています。